展示ブース:北館1F 53

松浪硝子工業株式会社マツナミガラスコウギョウ

主要製品

臨床検査用・遺伝子検査用ガラス

病理・細胞診断支援システム

光学・電子部品用ガラス

取締役社長

松浪 明

事業内容

松浪硝子工業(株)は、ファインガラスの総合メーカーとして、見込み形態のライフサイエンス部門事業と受注形態の光・電子材部門事業を両翼に、さらなる“雄飛”を勝ちとれるよう、多様なチャレンジを自らに課しております。

製品・技術の紹介

超薄板切断技術と微細加工技術

市場ニーズ先取型のビジネス展開とフレキシブルな対応

超薄板切断技術と微細加工技術

松浪硝子工業は、1844年(弘化元年)の創業以来、160年以上の歴史を刻んでまいりました。

創業時の技術を活かし、特殊薄板ガラスの熔融・加工技術を発展させてきました。

ライフサイエンス部門では、顕微鏡用カバー・スライドガラスを製造・販売し、ユーザーの要求を満たす新製品を創り出しています。

光・電子材部門では、ハイテク分野が求める、多種多様な素材・製品を供給しています。

また、「技術指向型企業」として
•超薄板切断技術
•ガラス組成設計技術
•微細加工技術
•薄膜技術
•表面処理技術

等を得意としています。

ライフサイエンス部門

顕微鏡用カバー、スライド等の臨床検査用ガラス
遺伝子検査用ガラス
ガラスボトムディッシュ等の培養用ガラス
病理・細胞診断支援等のシステム関連商品

近年、医学生物学分野の急速な発展に伴い、カバー・スライドガラスに求められている要求も、多岐に渡り、高度なものとなっています。

そこで、ユーザーの要求に応じた製品を創り出すため、製品用途に適した「印刷インク」及び「コーティング剤」の開発を社内で手がけ、それぞれの製品化にも成功しました。

最近では、ガラスだけにとらわれず、自動封入装置用カバーガラスにプラスチックケースを使用し、空ケースの回収・再利用を実施、生分解性プラスチックを使ったプランクトン計数板やアルコール廃液を再利用するための再生装置等、3R(リサイクル・リユース・リデュース)を念頭に置いた製品展開を進め、常に環境負荷低減を目指しています。

光・電子材部門

レーザーダイオード用キャップガラス
イメージセンサー用キャップガラス
赤外カットフィルターガラス、封着用ガラス
ディスプレイ用基板ガラス、各種蒸着コート品
液晶プロジェクター関連部品

特に、フィルターガラス等の特殊ガラスについては、ユーザー個別の仕様に対応できるよう、ガラスの組成設計から取り組み、原料調合・熔融から製品まで、一貫した生産体制をとっています。

また、創業以来、研鑽してきた切断技術を活かし、厚さ30μmという超薄板ガラスの加工技術も確立し、現在では、マイクロブラストやエッチングによる微細加工も行っています。

近年では、ガラスのプレス加工にも取り組み、レンズアレイや非球面レンズについて、金型の作製から、レンズ面への蒸着まで、全工程が内製化されています。

企業概要

企業名
松浪硝子工業株式会社
住所
〒596-0049 大阪府岸和田市八阪町2-1-10
代表者
松浪 明
創業年/設立年
1844年 / 1948年
電話番号
072-422-4545
FAX番号
072-436-2265
企業HP

http://www.matsunami-glass.co.jp

資本金
90,000,000円
受賞歴
大阪ものづくり優良企業賞(平成21年度)
KANSAIモノ作り元気企業100社(平成23年度)

特許取得、意匠権、ISO9001認証取得、ISO14001認証取得、ISO13485認証取得

<MOBIOの一言>
病理検査用カバーガラスなどのファインガラス精密加工が特色。