展示ブース:北館1F 20

テクノロール株式会社テクノロール

主要製品

印刷用・工業用のゴム及び樹脂ローラー

印刷周辺機器

鉄メッキ・クロームめっき(別事業)

代表取締役社長

浅尾 栄次

事業内容

テクノロール(株)は、連続給水ロールやUV印刷に適したゴム材質の開発、ヒッキー除去ロールなどを開発。世界各地の印刷オペレーターから高い評価を受ける印刷・工業用ゴムロール・周辺機器を製造販売。
またグループ事業として、フソー(株)は工業用の鉄めっきや硬質クロムめっき、CFRP+鉄めっき+硬質クロムを製造販売。Team TECHNOROLL として市場環境にあった商品作りを行います。

ゴムロール製品・技術の紹介

世界が認めたゴム、樹脂ロール!

経費削減、品質向上、テクノロールがお手伝いします。

UV印刷用樹脂ロール トラストシリーズ

テクノロールは印刷用・工業用などの様々な用途に合わせたロールを製造・販売。

●トラストシリーズ
印刷用ロールとしましてUV印刷用及びコーティング用の樹脂ロール「トラストシリーズ」は各機械メーカーへの標準採用などの実績より、世界12ヵ国とライセンス契約を結び、うち8ヵ国ではすでに現地で製造・販売しております。
更に世界基準を目指しライセンシーになる仲間を探しています。

粘着ゴミ取りロール クリーンダッシュシリーズ

●クリーンダッシュシリーズ
工業用ロールでは、特殊配合の粘着ゴムロール 「クリーンダッシュシリーズ」はゴム自身の持つ粘着力でゴミを取ります。粘着ゴムの表面がゴミで一杯になると溶剤で拭き取るだけで元の粘着力に 回復し、お手入れが簡単です。効率よくゴミを除去したいお客様のゴミの量やラインスピードなどそれぞれの条件に合わせて洗浄間隔などを設定する事が出来ますので、お客様のニーズに合った自動洗浄が可能です。

連続自動ゴミ取り装置 ダストハンター

●ダストハンター
テクノロールが開発した粘着ゴムロール「クリーンダッシュ」を応用した連続ゴミ取り装置です。
粘着ゴムロールを製品に軽く接触させるだけで、製品に何等の影響を与えることなく、ゴミと静電気を除去できます。特長としては汚れた粘着ゴムロールを自動洗浄することで、連続でゴミの除去を可能にします。
また、粘着ロールの洗浄を自動化することにより、メンテナンスが容易になり、安全にゴミ除去が出来ます。

めっき事業の製品・技術紹介

「鉄めっき」施工の国内オンリーワン企業

99.9%純鉄をミリ単位でめっき

鉄メッキ

●変形の恐れのある製品や、新規製作が困難な製品に有効
鉄めっきはミリ単位の厚みを保有することが可能なめっきで、99.9%純鉄です。また、熱影響による母材歪みの発生なしで修正品の肉盛可能(溶接や溶射と異なり、母材に高熱をかけることなく施工できます)

製鉄所向け圧延ロールの軸受箱(チョック)の鉄めっき技術

●用途
高炉・電炉といった製鉄所内で使用されている圧延ロールの軸受箱(チョック)は長年の使用で摩耗します。その摩耗した部分に鉄めっきを施すことにより、熱歪みの影響もなく寸法を復元することが出来ます。

CFRPロール(鉄めっき+クロムめっき)鉄めっき技術

重量は鉄ロールの1/4に!

CFRPロール 断面サンプル

●ロール表面硬度の維持とロール重量の軽量化
CFRPは炭素繊維と樹脂の複合材で飛行機や宇宙などでおなじみの素材。その素材を使って作られた素管(ロール)の外径表面に、フソー独自の鉄めっきを付着させ、さらにその表面に従来の鉄ロールで使われている硬質クロムめっきを施工。

ロール表面硬度を保ち、ロール重量を軽量化させる事で、低タワミでイナーシャの少ないロールを製作することが出来ます。

CFRPロールを搭載している新聞輪転機

液晶・フィルム・製紙・新聞輪転機等のガイドロールとして使用され、新聞輪転機では20年の実績あり。

企業概要

企業名
テクノロール株式会社
住所
〒594-1144 大阪府和泉市テクノステージ3-4-5
代表者
西脇 宏
創業年/設立年
1979年 / 1980年
電話番号
0725-53-3933
FAX番号
0725-53-3922
企業HP

テクノロール(株)(http://www.technoroll.co.jp

フソー(株)(http://www.fusoplating.co.jp/

資本金
25,000,000円
受賞歴
匠by繁盛大阪フロンティア賞(平成16年度)
KANSAIモノ作り元気企業100社(平成20年度)

特許取得、ISO9001認証取得、ISO14001認証取得