展示ブース:北館1F 64

豊中計装株式会社トヨナカケイソウ

主要製品

配線多重伝送システム

パソコン監視計測システム

遠隔監視システム

代表取締役

小谷 勝也

事業内容

豊中計装(株)は、電気関連の接点信号やアナログ信号の監視、制御、計測をする場合に必要な電線、ケーブルを減らす省配線化の機器、システムの開発製作を得意としている会社です。豊中計装の機器、システムをお客様がご使用になる限りは、いつまででもサポートすることを企業理念としています。

製品・技術の紹介

当社の省配線システムで省エネ、省力化ができます

省配線の多重伝送(ユニバーサルライン)で工場、施設の情報の「見える化」

台湾新幹線

●ユニバーサルライン
電気の積算信号、接点信号、アナログ信号を1対(2本)の電線で混在して自由に伝送。
長距離、広域の多点の信号伝送を時分割多重伝送するもの。
ノイズに強い特色を買われて、台湾新幹線の変電所の監視にも使われています。

スマートパワー24

●スマートパワー24
ユニバーサルライン]をベースにさらなる省配線を実現。
DC24Vの電力を配信しながら、端末最大256箇所の個別監視、制御、計測を可能にしました。

多点温度計測監視システム

配線の簡単な ユニバーサルラインを使用した多点の温度管理システムで、最大2000点までの温度計測と温度監視と10年間の長期のロギングが可能。多重伝送を利用して2本の線のパラレル接続で多点の温度測定と監視、管理を行います。
時分割でポーリング(8箇所ずつ切り替)しながら最大2000点の温度計測が可能で、多点の計測であればあるほど配線費用のコストダウンになります。
特に-50℃~+90℃の範囲であれば高価な変換器等が不要。さらに繰り返し精度の非常に高いサーミスタータイプのセンサーを使用しているため、多点の温度管理がローコストで可能になります。

スマートパワー24

汎用の電線を使用したDC24Vの電源供給とデータ伝送が同時にできるシステム。2本の電線に電源と同時に接点制御出力情報や監視入力情報、アナログ計測情報を乗せることができるユニークなものです。
システムは「スマートパワー親局」と各種の「スマートパワー子局」で構成。使用する電線はVCTF、VVF、IV等どのような電線でも使え、また電源を供給しながら同一の電線で情報を双方向に伝送できます。
電力供給はトータルで最大30Aまで、5Aから5A単位で増設が可能。各スマートパワー子局の電源端子からは約500mAの電流の取り出しができ、接点監視情報の入力が最大256接点、接点制御の出力が256点可能です。広域に2本のみで電源を供給しながら、各種の監視制御が可能になります。

<メリット>
●電線の使用量や配管、ダクト等の使用量、スペースが節減できます!
●工事設計不要で追加、施工費用が大幅に低減でき工期が短縮できます!

企業概要

企業名
豊中計装株式会社
住所
〒561-0841 大阪府豊中市名神口3-7-13
代表者
小谷 勝也
創業年/設立年
1976年 / 1988年
電話番号
06-6336-1690
FAX番号
06-6333-2451
企業HP

http://www.tk-ul.com

資本金
10,000,000円
主な取引先
東芝・日立・三菱・パナソニック・ソニー・ブラザー工業・ローム・マツダ・ヤンマーコマツ・井関農機等
受賞歴
大阪ものづくり優良企業賞(平成25年度)

特許取得