展示ブース:北館2F 87

株式会社河合電器製作所カワイデンキセイサクショ

主要製品

シーズヒーター

カートリッジヒーター

面状ヒーター

代表取締役

佐久 真一

事業内容

河合電器製作所は1929年の創業以来、各種工業用ヒーターを製造。お客さまの装置や技術に関する知識が豊富で、必要とされる「熱」を「ヒーター」という形で提供する「熱のコンサルタント」。ユーザー毎、案件毎に最適な製品を提案し、すべてオーダーメイドで製作しています。

製品・技術の紹介

「熱」を考え「熱」を創造する

お客様と一緒に、新しい熱を共創します

シリコンラバーヒーター

●面状ヒーターでこんなことできます!
・高速道路の監視カメラの冬期保温
・ETCセンサーの冬期保温
・チョコレートを溶かすホッパー
・半導体製造装置の熱源(ウエハー、ガスの加熱等)
・医療機器の熱源(血液分析器等)
・熱プレス機の熱源

御社の強い味方!ヒータードクター

実機の温度分布を測定分析し、ご要望の温度分布に最適なヒーター配置をご提案します

温度分布をより良くしたい、寿命が短いので何とかしたい、
今まで色々なメーカーのヒーターを試したがうまくいかない
…等の不具合原因解析を全て社内実施し、対策をご提案します。

HLPカートリッジヒーター

河合電器製作所のカートリッジヒーター

HLPカートリッジヒーター

コンパクト、大容量(高ワット密度)が特徴。金型、樹脂成形機、熱プレス機、包装機械、分析機器、歯科器械など、様々な用途でご使用いただいています。
最高使用温度は600℃、外径はφ3.1~φ20、長さは17.5mm~2000mmと装置に合わせて、最適な仕様をご提案。
また、ヒーターには、フランジやブッシング、フィン等の取り付け可能。

面状ヒーター

様々な形状、穴加工等により、被加熱物に最適な熱の提供が可能です

●河合電器製作所の面状ヒーター
様々な形状に対応することができる柔軟なシリコンラバーヒーター、アウトガスの出ないクリーンなフィルムヒーター、高温・高ワット密度で使用できるET-600高温面状ヒーターの3種類。

●特性
絶縁シートにシリコン、ポリイミド、マイカを使用し、使用温度、雰囲気等の諸条件に応じて、使い分けをおこないます。シリコンラバーヒーターはMAX200℃、フィルムヒーターはMAX300℃、 ET-600 高温面状ヒーターはMAX600℃が最高使用温度。

企業概要

企業名
株式会社河合電器製作所
住所
〒540-6306 大阪府大阪市中央区城見1-3-7 松下IMPビル6F
代表者
佐久 真一
創業年/設立年
1929年 / 1954年
電話番号
06-6920-0011
FAX番号
06-6920-0013
企業HP

http://www.kawaidenki.co.jp

資本金
120,000,000円

ISO9001認証取得、ISO14001認証取得
UL規格:シーズヒーター、カートリッジヒーター、シリコンラバーヒーター対応
CE規格:カートリッジヒーター対応
HSP「ヒートシミュレーションプログラム」(熱流体解析)