展示ブース:北館2F 159

秋元産機株式会社アキモトサンキ

主要製品

自動充填シール装置

カットノズル

液面規制充填装置

代表取締役

秋元 勝介

事業内容

秋元産機株式会社は、自動充填装置(容器に製品を定量入れる機械)の設計・製造を行う自動充填装置メーカーです。化粧品や食品、化学薬品などあらゆる業界で、お客様のニーズに合わせた充填装置や周辺機器を提供し、多くの工場で秋元産機製品が稼働しております。

『難しい』を『簡単』に

充填の「困った」を解決します。

昭和58年の創立以来、「『難しい』を『簡単に』」をコンセプトに生産性と使い勝手が向上する充填装置を創り続けております。

チューブ製品を作り出すチューブ充填シール装置や高粘度のクリームに対応したクリーム充填装置。その他、液体製品向けやペン型チョコレート向け、化学薬品向けなど、様々な充填装置を製作。

充填機本体だけでなく、他メーカーでも使用可能な液切れの良い充填機用ノズル(カットノズル)、ハンド式シーラー、クリーナー装置と充填周辺装置も取り扱っております。

カットノズル

同業他社でも採用。液切れの良い充填機用ノズル

ローションやハチミツも魔法のようにスパッと切れる自動充填機用の充填ノズルです。

容器に充填する製品を完全に切り離して充填を行う為生産ラインの衛生状態を保ちつつ不良品率の低下や生産能力の向上に役立ちます。
生産時間の短縮化により市場供給能力や省エネ、工場の働き方改革に寄与します。

液面規制充填装置

規定量+αで充填し液面の高さを揃える事が出来ます

定量充填する装置とは異なり、指定した液面の高さまで充填を行う装置です。

ガラス瓶の容器はブロー容器と比べて容器精度がまばらな為、定量充填を行うと液面の高さがバラバラになってしまいますが本装置は規定量+αで充填し液面の高さを揃える事が出来ます。

高級化粧品・オリーブオイルなどの生産だけでなく追従充填を生かして泡立ちやすい洗剤の生産現場でも稼働しています。

企業概要

企業名
秋元産機株式会社
住所
〒124-0025 東京都葛飾区西新小岩4-9-24
代表者
秋元 勝介
設立年
1983年
電話番号
03-5671-1961
FAX番号
03-5671-1962
企業HP

http://www.akimotosanki.co.jp

資本金
10,000,000円
受賞歴
平成29年度 葛飾ブランド認定製品

特許NO. 特許第3593666号