Mobio-Cafe過去の開催実績

池田泉州銀行との連携によるMOBIO-Cafe

名物社長が語る!!産学連携で製品開発に至るまで
大学や研究機関との上手な付き合い方

 大学や研究機関に相談してみたいけどアプローチの仕方がわからない、いくらかかるか不安だ、と思われている方も多いと思います。
 今回のMOBIO-Cafeでは、技術的課題解決や新製品開発の際に、大学・研究機関等と連携することによって事業化に結びついた企業や大学の方々にご登場いただき、連携の経緯や苦労した点など、「連携のコツ」についてお話しいただく予定です。 また、企業と大学が連携した際の経費の一部を助成する制度の説明も併せてご説明いたします。
 なお、交流会へご参加いただければ、講師の先生へのご質問や簡単なご相談もできますので、交流会のご参加も是非お願いいたします。

 

プログラム

第1部 産学連携によって製品開発した企業、連携大学からの
     成功事例発表
 講師:品川 隆幸氏 株式会社シナガワ 代表取締役
 講師:喜多 成行氏 
      近畿大学 学術研究支援部 リエゾンセンター兼務 部長 

第2部 産学連携の導入部分で活用できる補助金、助成金について
 講師:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
 講師:株式会社池田泉州銀行 先進テクノ推進部


【日時】平成27年11月4日(水曜日)
     (セミナー)18:00~19:30
     (交流会) 19:30~20:30
【場 所】MOBIO 技術交流室A(クリエイション・コア東大阪 南館3階)
【対 象】ものづくり中小企業、支援機関 ほか
【参加費】無料(交流会参加者は1,000円/人)
【お問い合わせ】MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪) 
           南浦、間々田(ままだ)
      電話:06-6748-1052 FAX:06-6748-1062
      http://www.m-osaka.com/jp/access/index.html
【主 催】MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
     池田泉州銀行

 

【開催結果概要】
第1部では、株式会社シナガワ様、近畿大学様より、産学連携によって製品開発に成功した事例について、開発に至った経緯や苦労した点などを紹介していただきました。
第2部では、国立研究開発法人科学技術振興機構様より、産学連携の導入部分で活用できる補助金、助成金をご案内いただきました。
本セミナーには、43社50名の方が参加され、「大学と連携した商品開発についてイメージができた」、「商品を開発する際の補助金制度を知ることができた」等のご評価をいただきました。

                                                                                                                                        

 

Close