大阪ものづくり優良企業賞2014

精密射出成形部品で、さまざまな用途・分野で活躍するトップランナー

吉川化成株式会社企業詳細ページ企業情報ページ

オプトからメディカル・ヘルスケア、自社商品の開発まで

長年培ってきた射出形成技術をベースに、化成品分野、オプト(電子工学)分野、メディカル・ヘルスケア分野の事業を行う精密射出成形部品メーカー。化成品分野ではOA機器向け部品、オプト分野ではプロジェクター用レンズや、自動車用LED(発光ダイオード)ヘッドライト向けレンズなどを手がけている。更にメディカル・ヘルスケア分野では、各種医療機器やパーツなどを展開する。また、自社製品の床下収納庫は国内トップシェアの約35%。今後も更なるシェア拡大に期待が持てる。

顧客の信頼を勝ち取る提案力

確かな技術力に基づいた、顧客への提案力に定評がある。例えば、2部品を組み合わせた一体成形品を提案し、顧客のコスト削減に貢献。その提案内容は大いに評価され、大手家電メーカーからサプライヤー賞を4年連続で受賞している。受注の減少につながるかも知れない大胆な改善策の提案が、顧客の信頼獲得につながった。

同社のこうした真摯な姿勢は地域貢献でもうかがえる。地元工業高校の卒業生や、大阪以外の各工場でも周辺住民を積極的に採用するほか、近隣小学校への出張ものづくり講義も実施する。「地元と共に発展して行きたい」と吉川健太常務は意気込む。

自動車用LEDヘッドライトや医療機器分野で飛躍

同社では大阪工場、静岡工場、タイとマレーシア子会社にクリーンルームを保有。医療機器の品質管理システムの国際規格ISO13485を大阪工場、静岡工場で取得し、医療機器製造販売業許可、医療機器製造業許可を取得するほか、光学レンズ生産に必要な精密検査機器を持つなど、高度なものづくりができる環境も強みだ。

こうした強みを生かし、平成26年から自動車用LEDヘッドライト向けレンズの生産をスタート。今後、採用する車種の増加が期待され、受注拡大が見込まれる。

また、医療機器事業では医療機器商社などと提携し、平成38年までに自社ブランド品の発売を目標に掲げている。自社アイデアを形にするまで必ず挑戦し、ワールドワイドでの安定供給を目指す。

吉川化成株式会社 http://www.ypc-g.com/

× Close