• HOME
  • 入居大学
  • 東北大学 金属材料研究所附属産学官広域連携センター MOBIO サテライトオフィス

東北大学
金属材料研究所附属産学官広域連携センター MOBIO サテライトオフィス

担当教授紹介


まさはし なおや
正橋 直哉

 1987年東北大学にて工学博士取得、同年(株)新日本製鐵に入社し、チ タン・鉄鋼・半導体・シリコンの研究開発に従事。その間、日英国際協 同プロジェクトに参加し、Cambridge Universityにて、金属材料の微細 組織の解析研究に従事(1993-1995年)。1999年東北大学金属材料研究 所助教授、2006年より同教授。専門は金属組織学で、要素技術は相平衡 や拡散を利用した組織制御・表面改質・接合など。現在は、二酸化チタ ン光触媒、接合、表面制御などの研究を通して、産学官連携活動に従事 しています。

  • 略歴
    • 1987年東北大学大学院工学研究科博士後期課程終了(工学博士)
    • 1987年(株)新日本製鐵入社
    • 1993年 - 1995年英国・ケンブリッジ大学・客員研究員
    • 1995年(株)新日本製鐵先端科学研究所
    • 1999年東北大学金属材料研究所・助教授
    • 2006年東北大学金属材料研究所・教授
      現在に至る

さおとめ やすのり
早乙女 康典

 平成18年10月、30年ぶりに大阪に参りました。この間、塑性加工、超塑性加工、金属ガラス、マイクロマシン材料とそのマイクロ・ナノ金型成形加工技術に関する研究開発を行ってきました。金属ガラスは日本で発明され、 21世紀に期待される新素材として全世界から注目されているところですが、まずはこの「金属ガラス」を見て触っていただき、私としてはこの機会にぜひとも世界に先駆けた部材、製品の量産化、実用化をこの地で、皆様と共に実現したいと意気込んでおります。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 略歴
    • 1975年三菱電機株式会社生産技術研究所
    • 1981年早稲田大学 理工学部 助手
    • 1981年群馬大学 工学部 講師
    • 1988年群馬大学 工学部 助教授
    • 2002年群馬大学 工学部 教授
    • 2006年東北大学金属材料研究所教授
      現在に至る

こんの とよひこ
今野 豊彦

 専門は透過電子顕微鏡を主に用いた材料の組織と構造の解析です。物質が材料として人間社会で機能を発揮するためには、作られた物質のミクロ組織や結晶構造が設計者の意図にかなったものでなくてはなりません。私はこれまでアルミニウムや銅合金の高強度化のメカニズムを原子レベルで調べてきましたが、今後も新しい材料の構造と組織を正確に観察することにより、みなさまとご一緒に新しい製造プロセスを最短の開発期間で生み出せればと考えています。

  • 略歴
    • 1981年新日本製鉄株式会社 第三技術研究所
    • 1993年東北大学金属材料研究所助手
    • 1999年東北大学金属材料研究所助教授
    • 2002年大阪府立大学工学部教授
    • 2006年東北大学金属材料研究所教授
      現在に至る

ふるはら ただし
古原 忠

 平成19年10月より大阪センター教員を兼務することになりました。専門は鉄鋼・チタン合金を中心とした構造用金属材料の微細組織と力学特性の制御です。 鉄鋼は、年間国内生産量が1億トンを超え、自動車・機械・電気機器等の日本の輸出産業を支える掛け替えのない素材です。その歴史は数千年に渡るにも関わらず、まだまだ構造/機能材料として多くの可能性を秘めています。 近年、建築物の超々高層化や自動車の省エネ、CO2排出削減に不可欠な軽量化や衝突安全性設計等の面から、鉄鋼の更なる高強度・高延靭性化が求められています。資源枯渇、低環境負荷がキーワードとなる状況下で更なる特性向上の達成や新合金開発を行うためには、今までにない精緻でかつ新しい視点での材料研究が何よりも必要です。 我々は結晶界面(粒界や異相界面)を制御する新しい観点から相変態・再結晶を用いた結晶粒微細化による強靱化の指導原理を構築するべく基礎的な研究 を行っています。また、新たな資源としてのガス元素の有効利用による鉄鋼やチタン合金のさらなる高機能化と新材料開発を目指した研究を行っています。

  • 略歴
    • 1989年京都大学工学部金属加工学科 助手
    • 1997年京都大学大学院工学研究科材料工学専攻 助教授
    • 2005年東北大学金属材料研究所教授
      現在に至る

なかひら あつし
中平 敦

 大阪府立大学大学院工学研究科マテリアル工学分野教員を本務として、平成20年より金研大阪センター教員を兼務することになりました。超高齢社会の現代において、骨や歯といった硬組織代替バイオマテリアルの重要性はますます高まってきています。インプラント材や骨充填材としての新規アパタイトセラミックスをはじめ、バイオメタルの複合化を含めて様々なバイオマテリアルの高性能化に関する研究開発を進めています。上述の生体内にとどまらず、生体外の問題解決を目指し、いわゆる“環境問題”の解決を目指した触媒関連材料の研究も展開しています。また、セラミックスのナノ構造制御を通じて、セラミックス材料の研究・開発を産官学の連携を取りながら進めています。

  • 略歴
    • 1984年東北大学金属材料研究所・助手
    • 1987年防衛大学校・助手
    • 1990年大阪大学産業科学研究所・助手
    • 1996年京都工芸繊維大学工芸学部・助教授
    • 1994年10月より13ヶ月MIT客員研究員
    • 2005年大阪府立大学大学院工学研究科物質化学専攻マテリアル工学分野・教授
    • 2008年東北大学金属材料研究所客員教授
      現在に至る

やまざき とおる
山崎 徹

 兵庫県立大学大学院工学研究科物質系工学専攻教員を本務として、 平成23年4月より金研関西センター教員を兼務することになりました。 近年、省エネ社会の実現を目指した各種の技術開発が求められています。 本研究室では、電解析出法を利用した高強度・高延性のナノ結晶電析合金の 開発とその塑性変形機構の解明を行うとともに、これら新合金を用いた 超微細金型等への応用を目指しています。さらに、精密な被成形加工に 適した新規アモルファス合金の開発を行い、超省エネIT精密部材等の開発を 目指した産学官連携活動を目指しています。

  • 略歴
    • 1980年姫路工業大学工学部金属材料工学科・助手
    • 1994年姫路工業大学工学部金属材料工学科・講師
    • 1995年 - 1996年ドイツ・カールスルーエ工科大学・客員研究員
    • 1999年姫路工業大学工学部材料工学科・助教授
    • 2007年兵庫県立大学大学院工学研究科物質系工学専攻・教授
      現在に至る
    • 2011年東北大学金属材料研究所関西センター客員教授
      現在に至る

いわせ あきひろ
岩瀬 彰宏

 イオンビーム・電子ビーム照射が作り出す高励起反応場や、水素を用いた特異な反応場などを利用した、新規の材料創製プロセスを扱っています.材料のメゾスコピック組織を放射光X線・中性子回折、分析電子顕微鏡、イオンビーム分析法などの先端装置手法により評価し、機能性発現の原理探究にも取り組んでいます。

  • 略歴
    • 1978年特殊法人日本原子力研究所 研究員
    • 1989年東京大学にて理学博士を取得
    • 1993年特殊法人日本原子力研究所 主任研究員
      (1993年〜1994年)米国立アルゴンヌ研究所 研究員
    • 2003年大阪府立大学先端科学研究所 教授
    • 2005年大阪府立大学工学研究科 教授
    • 2013年東北大学金属材料研究所 客員教授
      現在に至る

コーディネーター紹介


すぎい はるお
杉井 春夫

 大阪府立産業技術総合研究所等での経験を活かして、東北大学金属材料研究所ほか大学関係機関と企業との連携推進の一助ができればと思っています。

  • 略歴
    • 1971年大阪府立工業奨励館(現産業技術総合研究所)機械部:
      振動騒音・メカトロニクス技術
    • 2001年(財)大阪産業振興機構(大阪府中小企業支援センター):創業支援
    • 2003年大阪府立産業技術総合研究所:情報電子部 制御情報系 統括
    • 2009年(財)大阪産業振興機構:技術コーディネータ(取引振興)
    • 2011年(財)大阪産業振興機構:技術コーディネータ(産学官連携)

× Close