ダイハツ工業株式会社では、3つのテーマ「関西のモノづくりとの共存・共生」、「画期的な部品の共同開発」、「関西独自の調達ルートの構築」のもと、『主力とするスモールカーに相応しい”軽量・コンパクト”な技術とそれを可能にするモノづくり』と『大企業特有の「量=価値」から抜け出し、独自技術にこだわるモノづくり』を進めています。

 府内ものづくり中小企業とダイハツ工業株式会社との技術マッチング会を7月4日、5日に開催するのに先立ち、5月31日、6月1日の2日間にわたり、ダイハツ工業株式会社が求める技術テーマに関するプレゼンテーション(オープンフォーラム)を開催いたしました。

  2日間で企業230社、344名、支援機関等29団体、56名の方々にお越しいただき、大盛況のうちに幕を閉じました。

財団法人大阪産業振興機構 理事長 寺田 勝史氏あいさつ

ダイハツ工業株式会社 上級執行役員 調達本部長 岡野 博志氏あいさつ

ダイハツ工業株式会社 BRSP部               E・C・E 三嶋 英二氏説明

第1部 プレゼンテーション

第2部 展示相談

コメントは受け付けていません