大阪の伝統工芸品や地域の特産品の実演と展示即売会「浪花の技展」が7月26日まで、梅田の阪神百貨店で開催されています。

髪や頭皮に優しく使うほどツヤを増すつげの櫛、涼しげな蜻蛉玉(とんぼだま)のアクセサリー、飲み物を入れると一層輝きを増す天満切子のグラス、折りたたんでお財布やブックカバーにしたりハンカチ代わりにと何でも使える注染(ちゅうせん)の手ぬぐいなど、用と美を兼ね備えた伝統工芸品は、長く使える優れものです。

     

受け継がれた技術を活かした新しい商品も生み出されています。

 

今年も初日から賑わっている体験工房(有料)では、小型包丁のネーム入れや紫檀(したん)のお箸づくりなど、職人さんの指導のもと、お子様から大人の方までオリジナル作品をお作りいただけます。

 

隣では大阪で長く愛され続けてきた「大阪産(もん)名品」やなにわの伝統野菜などの「大阪産(もん)」を集めた「なにわのご当地うまいもん」も併催されています。 大阪が誇る伝統の「匠の技」と「食」を是非お楽しみください。

詳しくは、こちらのホームページでご確認ください。

阪神百貨店HP

http://www.hanshin-dept.jp/dept/s_naniwa_index.html

コメントは受け付けていません