2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会でご活躍された大阪にゆかりのある方々に対し、「感動大阪大賞」が贈られることになりました。

 「感動大阪大賞」は「府民に深い感動を与え、かつ府の施策に大きな貢献をした方に対して、府民の栄誉とよろこびとして讃えるもの」として贈るものです。

 第1弾として、7月8日に岡田武史監督と小倉勉コーチが大阪府庁を訪問され、橋下知事から「感動大阪大賞」の表彰状と、記念品として、大阪唐木指物協同組合よりご提供いただいた大阪の伝統工芸品「大阪唐木指物」の写真立てが贈呈されました。

 大阪唐木指物は、釘やネジを1本も使わず各種組手で組み立て、表面に漆をふきこんで仕上げる伝統的な技術・技法を用いて、棚や座敷机から花台や小物まで、現在の生活様式に合うよう工夫、改良されており、堅牢さと深い趣には定評があります。

 思い出の写真を収めて、長く愛用していただきたいと思います。

コメントは受け付けていません