展示ブース:北館2F 181

グローリーAZシステム株式会社グローリーエーゼットシステム

主要製品

オーダーメイド制御器 (丸編機向け制御器、電鉄向け制御器等)

鍵管理機 (重要鍵管理機等)

各種管理機 (小物管理機、重要物管理機、MICR エンコーダー等)

代表取締役社⻑

森川 泰史

事業内容

グローリーAZ システム㈱は、本業として金融・リテール市場向けの重要鍵管理機・重要物管理機・現金処理端末等の開発・製造を行っておりますが、もう一つの生業として創業から途絶える事無く、産業機械制御部の OEM 開発と製造・保守も行っております。
大阪府下の中小企業様と協力して、制御基板、金属筐体、樹脂部品、樹脂筐体等の物作りを行っております。 オーダーメイド制御器に当社ネームはありませんが、身近にある産業機械類システムの一部として頑張っております。 企業様の黒子として頑張ります。

製品・技術の紹介

鍵や重要物の厳格管理を簡単に

金融で鍛えられた当社技術が、貴社のお困りごとを解決します。

●鍵管理機は 1990 年に日本初となる鍵の無人管理機 KB-30 より始まり、KBS-1000 シリーズは5世代目となりました。より厳正に、より使いやすく、よりフレンドリーを追求した多機能・高性能鍵管理機です。

重要鍵の持出と返却を厳正管理する管理機となり、鍵数 10、20、30 本とプリンタの有り無しが選択可能。
使用者認証は磁気カード、非接触 IC カード、パスワード、ID コード、指静脈等の6パターンを用意。

登録人数は最大 500 名、使用履歴 50,000 件まで自動記録。 使用者制限、二者承認、目的入力設定等の鍵の運用・管理ニーズに応える多彩な機能を標準装備。また停電時の非常扉の開錠履歴も残ります。
ホルダー認識に IDIC を使用、悪環境や汚れに強い構造。 鍵交換も簡単で、履歴もしっかり残ります。
大型タッチパネル表示器の採用にてストレスのない操作とイラストガイダンスで、初めてでもラクラク操作。
LAN ポート標準装備で登録・精査業務がパソコンで可能となり、効率化と厳正化が同時に実現します。

画像は左から 
重要鍵管理機 KBS-1300  
重要鍵管理機 KBS-1000シリーズ ラインナップ

●重要物管理機 BK シリーズや SIM、IB 等は、重要鍵・重要書類・重要小物を厳正かつ機能的な保管・出し入れ管理を実現。管理者の負担を大幅に軽減しつつ、詳細履歴が残る厳正管理が可能です。

・BK シリーズは大型の重要物管理機となり、特徴はタッチパネル付大型画面での軽快操作とユニット組み合わせ可能な収納ボックスとなり、重要鍵管理ユニットも搭載可能。使用者認証は磁気カード、非接触 IC カード、パスワード、ID コード、指静脈等の6パターンを用意。使用履歴を最大6万又は3年間自動記録、対人カメラによる操作者顔情報を自動撮影し、取引履歴と併せた管理も可能です。
・SIM はスーパー等の一般市場向けとし、サービスカウンター内でつり銭や商品券等を無担当で厳正管理する小型重要物管理機で、机の下や空きスペースに設置でき、操作ユニットも小型で邪魔になりません。
・IB はオペレーターカードや印章などの貸与物やオフィスに持ち込めないスマホやカメラデバイスの収納に特化し、従業員による情報漏洩や不正防止を目的とする厳格化された小物管理機です。

画像は左から 
重要物管理機 BK-100 シリーズ 
重要物管理機 BK-200 シリーズ
小型重要物管理機 SIM-100
インテリジェントボックス IB-3000

当社技術は産業機器制御の黒子です

フリースやスエットのニット地を作る丸編み機にも、当社の制御器が頑張っています。

●丸編み機は筒状のメリヤスや鹿の子編地を連続して作る生産性の高い編機で、当社はモータパネルと柄出し制御器の2つの大型制御器の開発と製造すると共に長期の修理保守を担当。

・モータパネルは、編機全体の制御を司り 1986 年より開発・製造しており FCP-60 で5世代目となる。マンマシンインターフェースはタッチパネル表示器となり、汎用性と操作性は大きく向上。機能も大きく向上し、各種要求を反映させコストを大幅に低下したコストパフォーマンスが高い制御器となっています。

・柄出し制御器は、ジャガード編で柄編成用のアクチュエータをドライブする装置となり、CPU 部とドライブ部と電源で構成されおり1986 年より開発・製造しており FMC-50 は、柄出し制御器の5世代目となる。 アクチュエータドライブ数は、1世代目が 72ACCに対して5世代目は 336ACC となり、コスト要求とアクチュエータ増加及び小型化要求に対応して、コストパフォーマンスの高い制御器となっています。

画像は左から 
丸編み機モータパネル FCP-60  
丸編み機柄出し制御器 FMC-50

高速鉄道の乗り心地改善や高速化でも、当社の制御器が頑張っています

●高速鉄道用制御器として、主に乗り心地改善の動揺防止制御器と曲線通過高速化の車体傾斜制御器の2種類の制御器や電磁弁箱及びデータロガー等の補器類を製作供給。

・動揺防止制御器は、1993 年より数多くの試作モデルを製作。アクチュエータも空圧制御より電動制御となり、2000 年より量産化計画がスタートし、制御基板のコーティング等の電鉄品質と小型軽量化・保守性向上の要求に対応。また内部ラックと外部ラックのフルアルミ化で大幅な軽量化を実現しました。

・車体傾斜制御器も、1994 年より数多くの試作モデルを製作。当初より演算系を2重化して並列冗長動作とし、2000 年より量産化計画がスタートし、制御基板のコーティング等の電鉄品質と小型軽量化・保守性向上の要求に対応。また内部ラックと外部ラックのフルアルミ化で大幅な軽量化を実現しました。

画像は
上段が E5、E6 系 動揺防止制御器  
下段が E5、E6 系 車体傾斜制御器

企業概要

企業名
グローリーAZシステム株式会社
住所
〒663-8114 兵庫県⻄宮市上甲⼦園5-5-17
代表者
森川 泰史
設立年
1986年
電話番号
0798-26-3100
FAX番号
0798-26-6400
企業HP

https://www.gazs.co.jp/

資本金
50,000,000円
受賞歴
ISO9001 認証取得(2006 年 8 月)ISO14001 認証取得(2010 年 11 月)
1999 GOOD DESIGN AWARD グッドデザイン賞受賞(1999 年)
第 49 回機械工業デザイン賞 日本デザイン学会賞受賞(2019 年)