展示ブース:北館1F 39

株式会社東穂トウホ

主要製品

合成樹脂異形押出成形品

エラストマー異形押出成形品

代表取締役社長

國本 周生

事業内容

(株)東穂は創業以来培ってきた熱可塑性樹脂押出成形技術に加え、特殊材料、2次加工技術などにより、世の中に無い商品の企画開発にも挑戦。「ちょっと!変わったおもろい製品、チョット!変わったおもろい会社」の実践を経営方針に掲げ、多様な顧客ニーズに柔軟対応します。

製品・技術の紹介

ねばねば素材と押出技術でアイデアグッズを開発!

粘着性素材と弾性樹脂素材の同時押出成形品

同時押出による基材と粘着エラストマーの複合化技術を開発
- アッセンブリー作業で面倒な仮止めに両面テープ不要
- 粘着素材は高分子量材料なので、着脱しても粘着移り無し
- 押出断面形状と粘着機能の組合せでアイデア商品が誕生

押出技術の結晶

樹脂長物レンズなど硬質から軟質までの幅広い押出成形部品

押出成形では、製品製作の随所にさまざまな技術や経験を必要とします。
材料の選定、樹脂の特性を見極めた上での条件の設定や、押出成形にあたっての独自のノウハウ、製品完成にいたるまでの厳しい品質管理などは、東穂がいままで培ってきた技術の結晶であるといえます。
建築・家電・医療機器などのプラスチック樹脂製品または部品の単色成形および2色成形、3色成形が可能です。
また、押出成形品の2次加工においても、さまざまな角度からチャレンジし応用力を高めています。

開発商品を次々に導入

複合化技術・二次加工技術

これまでの技術やノウハウを元に、「ちょっと!変わったおもろい製品」の開発を続けています。
-ポリカーボネート樹脂曲げ管(LED用曲管カバー)
ポリカーボネートの「押出成形技術」と「曲げ加工」の融合
-2層式高摺動性低硬度ローラー
2層押出成形 カット後 端面R付け加工

企業概要

企業名
株式会社東穂
住所
〒571-0012 大阪府門真市江端町2-16
代表者
國本 周生
設立年
1962年
電話番号
072-806-1681
FAX番号
072-806-1683
企業HP

http://toho-ext.co.jp

資本金
50,000,000円
受賞歴
大阪ものづくり優良企業賞(平成22年度)
KANSAIモノ作り元気企業100社(平成23年度)

ISO9001認証取得