展示ブース:北館2F 74

株式会社ソリッドツールソリッドツール

主要製品

超硬切削工具

超硬ロー付刃切削工具

耐摩用受台・パンチ・一般冶工具

代表取締役社長

田中 英雄

事業内容

ソリッドツールは、お問い合わせから打合せ、納品までを最短2日で対応する超短納期対応や、高精度な切削工具を1本から製造する小ロット対応、精密で複雑な穴加工を一度に仕上げる高能率切削工具のご提案など、お客様の超硬切削工具に関するお悩みをトコトン解決します!

製品・技術の紹介

超硬工具の特注品専門メーカー

今の品質で満足ですか?

当社が選ばれる理由!
・その1:ご要望の切削工具を1本から
・その2:最短2日の短納期
・その3:加工コスト削減などのご提案
・その4:納品後の再研磨もバッチリ!

切削工具のお悩み解決提案
・納期を短縮したい(短納期)
・工具を長持ちさせたい(超寿命・長持ち)
・コストを削減したい(コスト削減)
・メンテナンス性を高めたい(メンテナンス性)
・性能をアップしたい(性能アップ

バリなしドリル

パイプの穴あけ加工でもバリがでないドリル

上段:(左)穴部にバリ  (右)穴部にバリなし
下段:パイプの穴あけ加工でもバリがでないドリル

通常のドリルによるパイプ穴あけ加工では、バリが発生し易くなります。パイプの内バリ処理は、多大な労力と時間を要する作業です。処理の方法によっては、うまく除去出来ないだけでなくキズが生じ、商品価値が低くなる可能性もあります。

このような問題を解決するために、エンドミルの特性を生かしドリルのように使用できる『バリなしドリル』を開発しました!

このドリル(エンドミル)は、剛性を持たせることで汎用ボウル盤加工での使用に耐えうる強度を持ち、先端をエンドミル刃付形状にすることで、抜けバリを抑制することが可能です。SUS・アルミ・FRPのパイプ加工に実績を上げています。
対応外径は、φ2.5から

複合Rエンドミル

重なり合う複雑なR形状の切削加工を短時間

通常、粗加工→中仕上げ→本仕上げ加工とR公差要求に応じて切削加工をします。
複合Rエンドミルは、従来の加工方法から加工時間を大幅に短縮することが可能になるので、人件費、光熱費などの経費削減に貢献できます。

仕上がり加工ワーク形状に合わせて切削工具を成形製作していますので、1工程の加工でR形状が確保でき、粗、仕上げ加工2工程で仕上がるようにしています。そのため、加工プログラムの製作時間と切削加工の稼働時間の両方を削減することが可能です。

重なり合う複雑なR形状の切削加工を短時間

企業概要

企業名
株式会社ソリッドツール
住所
〒581-0851 大阪府八尾市上尾町5-1-12
代表者
田中 英雄
設立年
1972年
電話番号
0729-25-6333
FAX番号
0729-25-6335
企業HP

http://www.solidtool.co.jp/

English(http://www.solidtool.co.jp/english/

資本金
10,000,000円
受賞歴
大阪ものづくり優良企業賞(平成24年度)

意匠権