展示ブース:北館1F 69

ヤマコー株式会社ヤマコー

主要製品

熱間鍛造品・冷間鍛造品

熱間+冷間の複合鍛造品

機械加工品と作業工具

代表取締役社長

山本 晃永

事業内容

ヤマコー(株)は、熱間(Hot forging)と冷間(Cold forging)の複合鍛造(Composite forging)に機械加工をプラス。「不可能を可能にする」ものづくりを提案します。強みは熱間鍛造と冷間鍛造をあわせた複合造品技術。創業より培った確かな技術で、発想の転換で可能性を広げます。短納期・低コスト、そして高品質な製品を提供します。

製品・技術の紹介

金型設計から冷熱鍛造品の機械加工生産システム

設計3D CAD/CAM〜金型製作

専門のオペレーターによる3D CAD/CAMを駆使した最新の金型設計。効率的で高品質な鍛造金型のデザインを提案します。
また、事前検討で3Dモデル(樹脂)での検討も可能です。
金型製作では、3D CAMで最適な高速加工データを作成し、無駄がなく精密研磨を必要としない仕上りを実現することで、短納期を可能にしています。

複雑な形状の製品精度を保持するため、ヤマコーの検査部門には3次元測定器を始め、精密加工を保証できる検査器具を揃えています。また、必要に応じて非破壊検査や強度試験も行える体制を備えています。

熱間鍛造と冷間鍛造

熱間鍛造は高温に加熱した材料をエアスタンプハンマーで高速に打撃して、匠の技で製品形状を作り上げます。高温状態で鍛えられた製品は、組織が緻密になる上、微細化された組織は、強度に優れた特性に変わります。

冷間鍛造は熱間と違い、材料を加熱せずに常温に近い温度で行う鍛造。精度が高く、完成品に近い寸法や形状に加工できるのが特徴です。ヤマコーでは、熱間と冷間を合わせた技法も得意としています。

鍛造に機械加工をプラス、新素材も鍛造を可能に

鍛造素形材だけでなく、高精度な削り出し加工も行える設備をそろえています。特殊ねじなども量産できるように16トンの転造機も導入しています。機械加工まで一貫生産体制が整っていることがヤマコーの大きな強みです。

これまで鍛造品の素材といえば鉄が中心で、その強度の高さから、自動車のエンジンや駆動系の部品に使用されてきました。近年、ヤマコーでは先進性のある素材に目を向け、次世代の技術開発に取り組んでいます。鉄の鍛造から発想を変え、航空機や医療機器に適したチタン(Ti)をはじめ、家電ではステンレス(SUS)、次世代の自動車ではアルミ(AL)などがこれから鍛造素材としてのニーズの高まりを予測し、取り組みを始めています。

企業概要

企業名
ヤマコー株式会社
住所
〒578-0901 大阪府東大阪市加納4-3-26
代表者
代表取締役社長 山本 晃永
設立年
1952年
電話番号
072-965-5621
FAX番号
072-965-5513
企業HP

http://www.yamaco-forging.co.jp

資本金
45,000,000円

ISO9001取得、JQA-QM8353取得