展示ブース:北館2F 145

大創株式会社ダイソウ カブシキガイシャ

主要製品

紙器・段ボール箱用 抜型

打ち抜き関連副資材

その他各種抜型

代表取締役社長

大塚 雅一

事業内容

資材も、機器も、工法さえも生み出す。抜型のスペシャリスト集団。トムソンの職人が創業者となり立ち上げた大創。抜型づくりも、資材開発も、自社で手がけるプロだからこそ、使用現場からの多彩なご要望にお応えできます。

製品・技術の紹介

紙器・段ボール箱用 抜型(各種抜型)

抜型づくり45年以上の実績

●平盤打抜き加工に必要な型をすべてサポート

大創による、抜型、落丁型、ブランキング型の生産性を向上させる品質には理由があります。
45年以上の抜型づくり実績、100種以上の自社製造部品、精密な図面製作をする専任のCAD設計者と品質管理者、使用現場の打抜き機の特徴に応じた型ごとの個別調整など。

大創の抜型は、作業効率の改善や、加工品質の高精度化、安全性の向上をサポートします。

1)紙器・段ボール箱用
 お菓子の箱から家電用品を梱包する段ボール箱まで、あらゆるパッケージの抜型を製作。
2)自動車部品用
 自動車を取りまく素材の多様化が進む中、内張りのスポンジやフェルトなど、多彩な素材を打抜くための抜型を製作。
3)軟包装用
 詰替え容器からスパウト容器の異形(変形)用の抜型を製作。

パッケージの折れ精度向上「Gテープ」

自社生産で海外へも販売展開

Gテープ

●国内シェアは7割
パッケージの打抜き加工で必要となる副資材。罫線折れ精度を向上させるのが、溝切りテープの「Gテープ」。板紙・段ボール用の規格品から特注品製作まで、幅広いニーズに対応。

誰でも簡単にワンタッチで取り付け可能。しかも優れた耐久性。数十万回の打抜きテストをクリアーし、通常で20~30万ショット、セット替えなしで連続50万ショットまで使用が可能です。

●豊富な種類と改善提案
Aタイプは板紙・段ボール用、Bタイプは段ボール用など、それぞれの用途に合わせて生産しており、お客様の要望での特注にも対応します。

使用中の溝切テープで問題があれば、溝切テープの設定、抜型、打抜く材料をトータルで診断し、改善提案をいたします。

打抜き関連副資材

打抜きに関するあらゆる副資材をトータル提案

●継続する技術革新

大創の歩みは、改良と創造の積み重ね。大創は、抜型の研究・開発への取り組みから、次々とアイデアの種を見つけ、打抜きに関する画期的な商品を世に送り出してきました。

大創がこれまでに取得した特許は18件、実用新案は10件(2015年12月現在)。その技術を活かし今や100種類を超える打抜き関連資材の製造販売に取り組んでいます。

●副資材の総合カタログ
2015年より副資材の総合カタログを発刊(不定期更新)。
営業マンだけではカバーしきれないお客様のウォンツを提供し、顧客満足度の向上に取り組んでいます。

企業概要

企業名
大創株式会社
住所
〒574-0061 大阪府大東市大東町10-10
代表者
大塚 雅一
創業年/設立年
1971年 / 1979年
電話番号
072-875-2951
FAX番号
072-873-5008
企業HP

https://goo.gl/FjTewu

受賞歴
関西IT百選 2012年度優秀賞