MOBIO-Cafe開催案内

【MOBIO-Forum】2017/12/12(火) 18:30〜 20:00

12月12日(第1回)大阪工業大学セミナー『原理・原則で考える現場カイゼン基礎セミナー』~座学と演習で学ぶ体験型の講座~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大阪工業大学セミナー in MOBIO

  『原理・原則で考える現場カイゼン基礎セミナー

     ~座学と演習で学ぶ体験型の講座~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※このセミナーは、連続セミナーですが、いずれか1回のみの参加も可能です。

≪主催≫大阪工業大学  ≪共催≫MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
  

 多品種少量生産への対応、製品ライフサイクルの短期化、人材の確保など、現在のモノづくりの現場では様々な課題に対応していく必要があります。この状況下にて、顧客と約束したQCDを守るためには、"現場力"を計画的に鍛えていく必要があります。

 一方、我が国が迎える人口減少そして高齢化社会に対応するために、IoT、インダストリー4.0そしてロボット化といった"スマートモノづくり"への取り組みも進行しつつあります。

 これらの取り組みをより効果的なものとするために重要なことは、実は地道な"カイゼン活動"なのです。限られた資源を活かすためにも、カイゼン活動を効果的に進める「原理・原則」の活用をお勧めいたします。

 本セミナーは、本学ものづくりマネジメントセンターが開発した体験型の演習を通じて、原理・原則に基づいたカイゼン活動の進め方について、わかりやすく説明をさせていただきます。お気軽にご参加ください。

  

第1回(12月 12日)テーマ:動作におけるムダの発見とカイゼン

<概要>

 カイゼン活動は、原理・原則の考え方を有効活用することで、効率的に進めることが可能となります。ここでは、その考え方について、ブロック玩具を活用したグループワークでの演習を通じて、理解を深めていただきます。

  

第2回(12月20日)テーマ:構造的思考のすすめ

<概要>

 カイゼン案は多数存在します。生産の要素である4M(人、設備、原材料、方法)のどこに変化を求めることになるか検討することが大切です。ここでは、グループワークの演習を通じて、構造的思考について理解を深めていただきます。

  

【講 師】 大阪工業大学 工学部 環境工学科 准教授 皆川 健多郎

【日  時】

第1回)平成29年12月12日(火) (セミナー)18:30~19:50 (交流会)20:00~

(第2回)平成29年12月20日(水)セミナー)18:30~19:50 (交流会)20:00~

【場  所】クリエイション・コア東大阪 南館3階 研修室BC

【募集人数】50名程度 (先着順・要事前申込)

【対  象】ものづくり中小企業等

【参 加 費】無料(交流会参加者は1,000円/人)

【申 込 み】・インターネット:「申込みフォーム」からお申し込みください。
      ・FAX:チラシをダウンロードの上必要事項を記入し送信してください。

      (チラシのダウンロードはこちらをクリック

【問合せ】MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪) 担当:椿野、中川

     TEL:06-6748-1054 FAX:06-6748-1062

     E-mail:sangaku@gbox.pref.osaka.lg.jp