MOBIO-Cafe開催案内

【MOBIO-Forum】2019/11/07(木) 14:30〜 16:40

【MOBIO-Forum】関⻄の企業における意匠・特許の現状~意匠法等の改正を踏まえて〜(11/7)

        関⻄の企業における意匠・特許の現状
        ~意匠法等の改正を踏まえて~

○○●○○●●○○●○○●●○○●○○●●○○●○○●●○○●○○●●○○●○○

 今回のモビオカフェは、日本弁理士会関西会と大阪工業大学のコラボです。
第1部では、実際の事例を交えた新事業展開時の特許等の戦略について、第2部では、直近の意匠法等の改正を踏まえた関西の企業のデザインマネジメントについてご講演いただきます。


【日  時】 2019年11月7日(木)

      14:30-16:40 セミナー/16:50-17:50 交流会

【会  場】 クリエイション・コア東大阪 南館3階 研修室BC 

       東大阪市荒本北1-4-1(近鉄けいはんな線「荒本駅」下車 徒歩5分)

【講  師】 第1部:村上 太郎 氏(インテリクス国際特許事務所 弁理士)

       第2部:山田 繁和 氏(大阪工業大学 知的財産研究科 教授)

【内  容】 第1部「事例から学ぶ新規事業と特許~無駄な知財コストを省いて効率的に事業を守るために~」

 自社開発の新技術が他社に模倣されてしまうことを防止するためには特許・意匠・商標等の知財を取得することが必要です。特許等の出願は、公開前に、誰よりも早く行う必要がありますが、その一方で、新技術に関する新規事業が軌道に乗り、利益を生み出すまでには相当の努力と期間が必要です。事業戦略と特許戦略とを漫然と個別に行っていたのでは、知財コストも大きくなりがちです。本セミナーでは、数社の事例を紹介しつつ、新規事業展開時に特許や商標をどのように考えるべきかについて、中小企業の代理人としての経験に基づいてお話させて頂きます。

       第2部「関西企業のデザインの保護と活用~関西企業のデザインマネジメント~」

 企業活動や企業努力によって、商品やサービス、企業そのものが纏う消費者や需要者の持つ印象、認識のことを「ブランド」といい、「ブランド」が定着すると「らしさ」を身につけて「強いブランド」となっていきます。関西企業のデザインを活かした製品やサービスの事例を紹介し、意匠権の活用やデザインマネジメントとブランド構築を今般の意匠法改正も踏まえて説明します。

【参 加 費】  無料(交流会は別途1,000円/1名)

【参加対象】 ものづくり企業等の経営者・従業員の方 など

【定  員】 50(先着順。定員に達し次第、締め切らせていただきます。)

【主  催】 MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)、日本弁理士会関西会、大阪工業大学

【申 込 み】  HPからのお申し込みはこちらから

       またはこちらのチラシに必要事項をご記入のうえFAXにて申込みください。

【問 合 せ】 MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪) 担当:眞鍋、野村

       TEL:06-6748-1052 FAX:06-6748-1062


*講師プロフィール*
講師写真.jpg

村上 太郎 氏(インテリクス国際特許事務所 弁理士)

平成7年弁理士登録。以来、企業の代理人として特許及び商標に関する権利化業務・係争業務を経験。中小企業のクライアントも多数。


講師写真2.jpg
山田 繁和 氏(大阪工業大学 知的財産研究科 教授)

平成2年特許庁入庁。以来、意匠制度企画室長、意匠審判長等を歴任。平成29年4月より大阪工業大学大学院知的
財産研究科教授に着任。




※本セミナー参加申込にかかる個人情報は、主催者間で共有するとともに、当日の受付・連絡、本セミナーの目的

 及び今後の調査並びに各種セミナー情報の提供のために使用し、他の目的には使用しません。