研修・セミナー情報

2019/02/15(金)〜

IoTリーンスタート!セミナー (2/15)次回は6月を予定しています。

大阪府IoT推進ラボ事業IoT診断IoTマッチングセミナー情報


IoTで拓く!中小企業の未来
IoTリーンスタート!セミナー (終了しました。)

多数ご来場いただき、ありがとうございました。
セミナーでは、栄ライト工業所、山田製作所、ものレボの3社が事例を発表いただき、三社三様のユニークな取組みに、
「課題が明確なら、シンプルな方法がある」「わが社も導入できそう」などと言った反応をいただき、IoT診断の紹介も
させていただいたところ、早速お問合せ・ご相談、お申込みをいただいております。

次回セミナーは2019年6月頃を予定しております。

_1069255.JPGのサムネイル画像_1069228.JPGのサムネイル画像



.開催概要
□日時:平成31年2月15日(金曜日) 午後3時から午後5時15分まで □場所:大阪イノベーションハブ □主催:大阪府IoT推進ラボ

   構成プレイヤー:大阪府 東大阪市 大阪産業技術研究所 大阪産業振興機構

           大阪市都市型産業振興センター 大阪商工会議所 りそな銀行

□共催:大阪イノベーションハブ MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)

      大阪人材確保推進会議

      近畿大阪銀行、関西アーバン銀行、みなと銀行(りそなグループ)

2.主なプログラム

    「IoTと技術開発を武器に」

     株式会社栄ライト工業所 代表取締役 江守 敦 氏

    「3Sに始まりソフトウエアに至る」

     株式会社山田製作所 代表取締役 専務 山田 雅之 氏

               <休憩15分>

    「小ロット生産の納期、「いきなりIoT」で守る」 

     ものレボ株式会社 取締役 COO/CSO 松下 貴大 氏

        

    まとめ・クロージング 大阪に育つIoT先進企業と「IoT診断」

     大阪府中小企業支援室 総括主査 辻野 一郎

      

  名刺交換会(午後515から午後545分まで


3.企業・講師プロフィール


株式会社栄ライト工業所  代表取締役  江守  敦 氏

 自動車などの工業製品に多用され、多数の製品を短時間で大量に製造できるプラスチックの射出成形。同社は、いちはやく生産プロセスで蓄積されるビックデータの重要性に注目。成形データと不良発生の関連を分析し、生産現場で発生するエラーをいち早く察知し、流出を抑える仕組みを開発。製品の品質を維持するだけでなく、製造データを活用・分析し、顧客企業に設計変更や製造方法の提案をできる強みを獲得しています。


株式会社山田製作所 代表取締役 専務 山田 雅之 氏

 数字やグラフ、表など、いくら見やすくしても、視覚に直接うったえる、写真に勝る「見える化」はない!デザイナーとのコラボから生まれた納期管理システム「ちょくレポ」を開発・販売。

 自社・製缶板金工場で活用することはもちろん、改良を加えながら外販にも臨む。同社の徹底した3Sからはじまった生産性向上のストーリーを紹介します。


ものレボ株式会社 取締役 COO/CSO 松下 貴大 氏

 帳票を作業場のフックにかけるだけ!町工場の視点にたち、入力を絶対に忘れない環境を実現するユニークなデバイスを開発、その名も「いきなりIoT」として経済紙などで報道されている。

 ユニークな発想で中小企業現場に寄り添いながら工場の自動化を支援する企業。

 オフィスから飛び出し、製造現場に足を踏み込んだIoT開発を、ユーザー企業ととともに発表します。


大阪府商工労働部中小企業支援室 総括主査 辻野 一郎

 経済産業省の「地方版IoT推進ラボ」93地域のひとつ、大阪府IoT推進ラボ事業を担当。製造現場でIoTシステムの実装を提案する「IoT診断」に従事するとともに、大阪のIoT導入企業・先進企業の内外へのアピールにも取り組んでいる。

 セミナーでは、3社の発表に続き、大阪のIoT導入企業を紹介、「IoT診断」の活用をお勧めします。


関連リンク:大阪府IoT推進ラボ事業 2018/19年開催セミナー  2017年開催セミナー