展示ブース:北館2F 106

帝国チャック株式会社テイコクチャック

主要製品

工作物保持用デザインパワーチャック

MC用デザインチャック&治具

メカクランプ

代表取締役社長

寺坂 創介

事業内容

帝国チャック(株)は、創業81年、日本のチャックメーカーの草分けとしてスクロールチャックの国産化を果たしました。昭和44年からは、業界に先駆けて自動車部品等の量産加工用デザインチャックの開発に着手、国内No.1の品揃えとシェアを誇り、常に時代をリードした『モノ造り』にチャレンジしています。

製品・技術の紹介

量産ワーク保持用 デザインパワーチャック

自動車部品生産に豊富な経験のSOULデザインチャック

昭和の幕開けと共に匠の技のSOULはスクロールチャック国産化の嚆矢として戦前戦後を通じて日本のモノ造りをサポート、特に米国ウッドワースとの技術提携による量産加工用デザインチャックは我国の小型モータリゼーションの発展と共に日々進化してきました。

自動車は様々な部品で構成されており、これら部品の生産には過酷な条件で安定した精度を維持する機械設備が必要です。

デザインチャックは専用チャックなので「品質、値段、納期、アフターなど」がネックとなりますが、帝国チャックは35年間培ったデザインチャックのノウハウと納入第一号から再現できるCAD図面管理システム、一品毎に異なる構成部品の進捗を管理し短納期を実現するバーコード入力生産管理システムなどIT化により多様化、高度化するユーザーニーズに積極的にお応えして国内No.1の納入実績を誇っています。

シャフトワーク全加工用デザインチャック

UBL-6JAW CENT/COMPは両端径が異なる長いシャフトワークの自動生産ラインで、従来は機械が3台必要なところを、ワークレスト&テールセンタ仕様のNC旋盤1台で全加工用できる省力・省スペースのシャフト専用デザインチャックです。

通常、シャフトの量産では(1)ワークの両端面&センタ穴の加工。(2)両センタ支持で一端をコンペ型チャックで把握して外周加工。(3)同仕様で反対端を把握して(2)の把握部分の加工と3工程分の機械が必要です。

UBL-6JAWは、NC旋盤1台で(1)端面基準で大径側を3JAWで芯出し把握し、ワークレストで受けて端面&センタ穴加工後、両センタ支持で外周部を加工。(2)ロボットでワークを反転。(3)チャック側のセンタ基準で小径をコンペ把握し、同様の流れで全工程を終了できます。なお、納入先ではジョウピースとストッパーの段取り替えで複数種類のシャフトワークを生産しています。

薄肉ワーク加工用マルチジョウチャック

円筒薄肉ワークは僅かな力で変形するので、外周部の把握は勿論、剛性のある両端面をフェイスクランプで把握しても高精度仕上げる事が難しい難物ワークです。

マルチジョウチャックは当社独自のフロート機構を備えたマルチ(多数)ジョウで凹凸のある薄肉ワークの外周部を強力で均等な力で把握して、ワークに剛性を与え、厚肉ワークと同等の加工条件で高真円精度に仕上げる事ができる画期的な薄肉ワーク用デザインチャックです。

芯出し用チャックと組合せたものや、マルチジョウにセンタリング機構を内蔵したものなど、カーパーツを中心とした客先の様々な加工条件やご要望に対して高い自由度でお応えしており、手間のかかる単品の受注生産ですが短納期対応でお応えしており、ブレーキドラムや自動変速機部品など、カーパーツで薄肉のものの高精度仕上用として製品品質と生産性の向上に寄与しています。

キーワード

#TEIKOKU CHUCK #デザインチャック#UBLボールロックチャック #揺動引込式パワーチャック #爪引込み式ピンアーバーチャック #内径把握 爪部エア検知 #デザインコレットチャック #ダイヤフラムチャック #量産ワーク保持用デザインパワーチャック #自動車部品 #シャフトワーク全加工用デザインチャック #薄肉ワーク加工用マルチジョウチャック

デザインチャックで国内ナンバーワンのシェア

蓄積技術は10数万点

工作物をつかんで80有余年。切削加工の際に工作物の芯ブレが生じないようにしっかり把握するチャックの国産化を果たした帝国チャックの創業者、寺坂清五郎は幼少より手先が器用だった。人の手のように硬軟使い分ける高機能・高精度のチャックは、ものづくりを基盤とするわが国において、あらゆる工作機械の要ともいえる。
「自動車産業の発展を見据え、自動車部品等の量産用を手がけ、デザインチャックでは国内ナンバーワンの品揃えとシェアを誇る。昨今は車体軽量化の傾向により、アルミや樹脂が自動車部品に使われるようになり、チャックに対する要求も厳しくなった。高速加工で重切削に耐えると同時に、把握ゆがみのない高精度仕上げという厳しい条件や、把握スペースがわずかしかないといった難物が増えた。
しかし、寺坂哲之社長は「10数万点におよぶ蓄積技術があるので対応できる」とキッパリ。同業他社との競合に焦りはない。

オリジナルブランドは部品に合わせた1点もので勝負

1960年代当時、自動車産業が隆盛を極めた米・英両国のメーカーと国内他社に先駆けて技術提携し、デザインパワーチャックの開発に着手。以後、ユーザーの求めに応じて「1点もの」の製作に力を入れるようになった。同社の自信作、揺動式コンビネーションデザインチャックは求心型と芯補償型の仕様を1台に組み込むことに成功したものだ。
また米国メーカーが開発した鋳・鍛造ワーク用デザインチャックと自社開発の薄肉ワーク用デザインチャックを組み合わせたコンビは、トラックのブレーキドラムの一発仕上げ用として活躍している。
工作機械と共に海を渡る自社製品の販売・メンテナンスについては、「即応の難しい欧・米・印は、60年代より信頼関係を深めている現地のビジネスパートナーに依頼しています」と寺坂昌芳品質管理部長。

ものづくりの根幹を支えた基本の技術で未来をつかむ

「昨今は、自動車もガソリン車だけではなく、電気自動車の需要も増えており、たしかに大きな転換期に来ています。ですが、どんな時代でも技術の蓄積があれば大丈夫。対応していけます」と、社長は言い切る。
「基本をやらせると、理屈もわかる」という社長の方針が、社員に新たな「ものづくり」への挑戦を促している。

主な事業内容

デザインチャック、マルチサイズコレットチャック、メカクランプ、MC用チャック・治具の製造・販売 等

企業概要

企業名
帝国チャック株式会社
住所
〒581-0071 大阪府八尾市北久宝寺2-1-50
代表者
寺坂 創介
創業年/設立年
1926年 / 1945年
電話番号
072-923-1821
FAX番号
072-992-5457
企業HP

https://teikoku-chuck.com/wordpress/

資本金
95,180,000円
受賞歴
元気なモノ作り中小企業300社(平成18年度)

特許取得、意匠権、ISO9001認証取得