贈りたくなる、欲しくなるMade in Osakaのピカイチ製品

大阪製ブランド認定制度

概要

大阪府では、府内中小企業の優れた技術に裏打ちされた創造力にあふれる製品を「大阪製ブランド製品」として認定することで、大阪のものづくりのブランドイメージを高めるとともに、府内ものづくり企業の自社製品開発を促進しています。認定製品は大阪府をはじめ、様々な支援機関等が実施するプロモーション活動によって、国内外に情報発信します。

詳しくはこちら

メリット

  • ●百貨店や商業施設などでの展示・販売機会の提供
  • ●製品を掲載したパンフレットを作成(日英併記)
  • ●大阪府等のプレスリリース、HP、SNS等による情報発信
  • ●大阪府関係施策などへの推薦

対象製品

  1. 消費財(一般消費者に販売する最終製品)であること。(食品を除く)
  2. 応募企業が主体的に企画した製品で製造拠点 (自社工場または協力工場)が原則大阪府内にあること。
  3. 応募時点で販売可能な製品であること。
  4. 他の特許・意匠等を侵害していないこと。また、係争中でないこと。
  • ※1事業年度につき、1社2製品まで応募を受け付けます。過年度に大阪製ブランドの認定を受けている企業も、応募が可能です。
  • ※サイズ違いやカラーバリエーション、シリーズ展開がある製品については、原則、用途が同一のものを1製品とみなします。

応募資格

  1. 大阪府内に本社及び製造拠点(自社工場または協力工場)を有する中小企業。(個人事業主も可)
  2. 前項の企業で構成される団体であり、国内で法人格を有する団体等。
  3. 府税に係る徴収金を完納していること。
  4. 直近1事業年度の消費税及び地方消費税を完納していること。
  5. 大阪府が実施するプロモーション活動に積極的に参加できること。

認定までの流れ

応募

2019年4月25日(木)~7月31日(水)必着
6月4日(火)に応募説明会を実施するほか、個別相談にも対応します。(参加必須ではありません)

審査



結果通知

12月頃(予定)

PICKUP

「大阪製」ブランド認証企業の声です。

24年度認証 「高機能3Dソックス FOOTMAX (3D SOX)」コーマ株式会社

高機能3Dソックス FOOTMAX (3D SOX)

公式に認証され、府HPで公表されたことにより、信頼度もアップし、大手企業からの新たなコラボ製品の受注に繋がりました。また、ヨーロッパの自転車チームの靴下に採用されました。「大阪製」の目的の一つは「自社製品開発の促進」とのことですが、当社では自社ブランド製品を開発して「OEMに比べ利益の高い仕事ができる」「経験とノウハウを蓄積できる」「OEM先に対等な立場で仕事ができる」「社名が表に出ることで有能な社員が集まる」といった利点がありました。

24年度認証 「Regetta Canoe(リゲッタカヌー)ビッグフットスリーストラップデザイン」 有限会社シューズ・ミニッシュ

Regetta Canoe(リゲッタカヌー)ビッグフットスリーストラップデザイン

特徴的なデザイン・素材であるために、初見のお客様はもちろん、リピーターの方でも、欧州製と勘違いされることが多かったが、「大阪製」をアピールすることで、日本製・大阪製ということが認識されました。また、ブランド自体の認知度が上昇し、特に関西では「地元のブランド」として、より愛され、多くのリピーターを獲得できました。 認証を受けたことで、社内だけでなく、製造に携わる生野区の 400人の靴職人の「誇り」や「モチベーションアップ」に繋がり、社内外の士気も高まりました。

お問合わせ

MIBIOにご来館いただく場合

北館1階

大阪府ものづくり支援課 モビオ事業推進グループ

電話相談

06-6748-1050

担当

認証製品

全ての製品はこちら