展示ブース:北館2F 138

株式会社伸和鉄工所シンワテッコウショ

主要製品

⼤型ベアリング内外輪及び部品加⼯

⽔道・ガス⽤異形管、同継⼿加⼯

⼯作機械・建設機械⽤部品加⼯

代表取締役社長

丸⼭ 和俊

事業内容

(株)伸和鉄⼯所は、ベアリング部品など各種産業分野の製品で外径2000mmまでの単品から量産品まで⼤型⾦属部品を⼀貫加⼯できる関⻄でも数少ない企業です。お客様のニーズに素早く応え、⾼品質・適正価格・納期遵守で常に価値ある製品を提供いたします。

製品・技術の紹介

超大型品精密加工

外径φ2000mm 真円度0.05以下

超大型ボールベアリング外輪(φ2000×幅200)

●得意技
主製品のひとつであるベアリング部品の加工経験を活かして、真円に削る技術には自信があります。

●超大型品でも可能な精度
材料の応力・加工温度による収縮・加工時の把握歪が大きく影響するものの、独自の加工ノウハウにより、外径φ2000mmでも真円度0.05以下、諸寸法精度±0.2以下を実現いたします。

工作機械部品
(縦・横穴加工、Oリング溝加工、鋳物品)

●妥協を許さない加工が活きる分野
1)大型ベアリング部品:風力発電、鉄道車両、鉄鋼圧延工程、工作機械、大型建設機械などへの使用
2)水道・ガス管関連:異形管・同継手の加工製品

あらゆる産業分野の基盤に役立っております。

●加工可能な材質
ベアリング鋼、SUS、鋳鉄(FC200~FCD600)など、単品から量産品まで対応いたします。

超薄肉加工

薄肉製品でも高精度に!

ベアリング ケース 肉厚1.5㎜ 総削り出し

●薄肉加工でのこだわり
切削加工では、薄肉になればなるほど削ることが容易ではなく、寸法精度を安定させることが難しくなります。

ご安心ください!伸和鉄工所には創業以来培ってきた薄肉加工技術があります。お客様のお困りである薄肉リング品であっても諸寸法・真円度・粗さにこだわって製造いたします。

「ものづくり」と「人づくり」で社会貢献

高度な技術力と万全な品質管理を誇りに

アーム式三次元測定器
(測定範囲:φ2500)

≪常にお客様の立場になって考え、安心して使って頂ける製品づくりを目指します≫

大型精密製品にも十分対応できるアーム式三次元測定器や三次元測定器、形状測定器、粗さ測定器などの多くの検査・測定機器を保有し、品質管理に注力しています。

伸和鉄工所では、お客様の信頼・信用に適う万全な品質管理体制「ものづくり」を実施しています。

ONE TEAM

●ONE TEAMの強み

若手スタッフも多く、誰もがチャレンジ精神を忘れず技術研鑚に励み、活気ある職場環境「人づくり」が伸和鉄工所の強みです。

ISO9001、14001の認証取得から、さらにお客様のニーズに素早くお応えする高品質・適正価格・納期厳守(QCD)などの多様な面で、常に価値ある製品の提供で社会に貢献いたします。

キーワード

#大型ベアリング #大型ターニングセンター #大型旋削 #大型フライス #大型マシニングセンタ #大型精密切削 #薄肉 #風力発電 #鉄道車両 #鉄鋼圧延工程 #工作機械 #大型建設機械 #異形管・同継手 #ベアリング鋼 #SUS #鋳鉄(FC200~FCD600) #アーム式三次元測定器

大型・薄肉リング部品の高効率生産で新分野を開拓

業務内容:ベアリングなどの大型部品を精密に加工

風力発電設備、建設機械、鉄鋼圧延ローラーなどで使われるベアリング部品など、大型金属部品の精密な加工を得意とする。創業以来続く上下水道部品は、円筒形の鋳物材料を旋削、穴あけ加工して、直径500㎜-1,600mmの継手部品などをつくる。また工作機械用CNC(コンピューター数値制御)ロータリーテーブル部品なども手がける。
水道部品加工で培った大物部品加工の技術に注目した大手ベアリングメーカーから、量産品の受注を得て、平成13年に24時間稼働できる量産用の工場を奈良県に建設。平成20年のリーマンショックでは受注敵減などを経験したが、営業活動の強化や自社トラックを使った納期短縮策などで顧客を増やし、積極的な設備投資なども計画して、再成長路線を走る。

強み:「薄肉」加工に独自のノウハウ

丸山和俊社長は「大型ベアリングの内輪や外輪といった薄肉部品を高精度かつ、低コストで作れる」と自社の技術に自信を見せる。
大型ターニングセンターを使い円筒形の材料から直径1m以上、薄さ1.5mm-5mmといったリング部品を削り出す。直径2mの部品でも真円度0.1mm以内を出すことができるという独自のノウハウを持つ。
また、「突っ切り」という加工方法で、通常は1個ずつ加工する部品を、母材から複数削り出す「多数個取り」も可能としており、1個当たりの材料費が抑えられる。鉄のほかステンレス、アルミにも対応し、重工メーカー向けの部品なども手がけている。

設備増強:戦略投資で航空宇宙分野の開拓狙う

受注の変動に対応できる経営体制をつくるため、新分野開拓も進める。鋳造・ 最造メーカーと連携し、複数工程をひとまとめにした完成部品の提供を大手メーカーに提案するほか、部品1個の受注にも対応し、新しい仕事や顧客の取り込みを図る。丸山社長は「先を見れば、やれることを増やしておくことが必要」との考えで、意識的に取り組む。
現在、狙っているのは航空宇宙分野。奈良工場に従来比2倍となる直径1,200㎜の部品加工に対応できるマシニングセンター(MC)と、高精度の3次元測定機を導入するなど、戦略的な設備投資も実行し、着々と準備を進めている。

社長あいさつ

大型精密品の薄肉切削加工技術を駆使して高品質な製品を提供すると同時に、材料の多数個取りによるコストメリットも提案します。徹底した納期管理と自社便による配送で、納期を守ります。お客様のニーズに素早く応え、常に価値のある製品を提供し続ける企業を目指しています。

主な保有設備

■大型ターニングセンター
 テーブル径φ2000
東芝機械製、オーエム製作所製 各1台
■大型ターニングセンター
 テーブル径φ1600
東芝機械製、オーエム製作所製 各1台
■大型ターニングセンター・縦型CNC旋盤
 テーブル径φ1000 計4台
■横型マシニングセンター
 500角テーブル
オークマ製、DMG森精機製 計4台

主な事業内容

ベアリング部品加工、工作機械 部品加工、上下水道部品加工

主な取引先(納入先)

(株)ジェイテクト、NTN(株)、 日本トムソン(株)、(株)日研工作所

主な製品

ベアリング・工作機械・水道関連 部品の大型精密金属加工業

企業概要

企業名
株式会社伸和鉄工所
住所
〒547-0043 大阪府大阪市平野区平野東4-4-34
代表者
丸山 和俊
創業年/設立年
1974年 / 1976年
電話番号
06-6793-1216
FAX番号
06-6794-6090
企業HP

http://www.shinwa-iw.co.jp

資本金
10,000,000円
受賞歴
大阪ものづくり優良企業賞2019 審査委員特別賞
地域未来牽引企業(2020年度)

・ ISO9001:2015、ISO14001:2015 認証取得